もしSNSで誹謗中傷の書き込みを見つけたら警察に通報するべき?

誹謗中傷が多いSNSはどれ?

誹謗中傷が多いSNSはどれ?

誹謗中傷が多いSNSはどこかといっても、そういった統計情報があるわけではありません。したがって、特定のところが具体的に誹謗中傷が多いところであるということは難しいでしょう。

ただし、投降者数が多ければ多いほど、それだけ利用する層の幅も広がりますので、それだけ誹謗中傷の数も多くなるでしょう。

また、匿名性が低い場合、リアル社会とのつながりも考えてあからさまな誹謗中傷をしにくくはなりますから、SNSの中でも匿名性が高い方が、これが多くなるといえるでしょう。

そういったことから、Twitterのような世界中から参加者が集まっていて、匿名で利用することができるSNSが、誹謗中傷が多くなると考えてよいでしょう。

誹謗中傷されたら警察に通報するべき?

誹謗中傷されたら警察に通報するべき?

インターネット上で誹謗中傷を受けた際、被害者は通報して警察に被害届けを出すことが出来ます。

もし書き込まれている内容が、刑法などでいう名誉毀損罪もしくは侮辱罪、業務妨害罪や信用毀損罪などの犯罪行為に該当されるのであれば、警察によって捜査が行われることもあります。

もしそこまで立件するに至らなくても、何らかの協力が得られる可能性もあることから、通報は有効な手段と言えるでしょう。

通報する際、各都道府県警にあるサイバー犯罪相談窓口、地域管轄の警察署に対して行うのが一般的です。ただ小さい警察署だとネット犯罪に関する専門家がいないこともあるので、あらかじめ連絡して相談しておきましょう。

このとき、実際に誹謗中傷を受けた内容を印刷しておくとスムーズに説明できるだけでなく、警察が捜査をしやすくなります。

誹謗中傷を弁護士を介して対処できる?

誹謗中傷を弁護士を介して対処できる?

SNSなどで誹謗中傷を受け、とても傷ついたからと弁護士を頼るのはどうなのでしょうか。暴力を受けたわけではないので、言葉だけでそんなに気にする必要はないという方もいるでしょう。

これは対処法としては正しいやり方です。弁護士に相談すれば犯人を特定することも出来ますし、損害賠償請求ができるなど、自分だけでは難しい対処ができます。

誹謗中傷は言葉の暴力なので、被害者は精神的に追い詰められてしまいます。また、事実でない内容を書き込まれた場合は、そこから広がる二次被害にも気を付けなければなりませんので、信頼できる人に頼るのが一番です。

自分で解決しようとすれば被害は広がるばかりです。謗中傷を見つけたら、なるべく早めに弁護士に相談しましょう。